眼科でメガネを作る時のポイント

とある眼科に主人と行き、新しい眼鏡を作りました。この眼鏡は、とても使いやすく、気に行っています。

眼科でメガネを作る時のポイント

眼科で検査した後の眼鏡作り

最近、主人と一緒に眼鏡を新しく作りに行きました。今までの眼鏡では、視力が合わなくなってしまい、見えにくくなってしまったからです。まだまだ使用できそうだったのですが、作ったのが中学生の時だったので、当然視力は落ちてしまっていました。私は、眼科にいくと、裸眼の状態がつづくので、少し緊張してしまう事があります。私は、とても目が悪いので、裸眼ですと、ほとんど周りの物がみえなくなってしまうのです。見えないと、何かにぶつかって転んでしまいそうですし、なんとなく不安な気持ちになってしまいます。そういう事を考えてしまうので、だんだんと心が緊張してきてしまうようです。今回行った眼科の方は、とてもやさしい女性のかたでしたので、いつもよりは緊張せずにすんだのでよかったです。私が緊張していたのがわかったのか、やさしくはなしかけてくれ、ときには笑い話もしてくれたので、その女性のおかげで緊張がほぐれました。その女性の方に感謝しています。

その眼科で視力をはかり、検査してもらった後には自分好みの眼鏡を探しました。新しい眼鏡作りだったので、おしゃれなものを選ぼうと思い、いろいろな眼鏡を主人とかけあっては鏡で掛け具合をチェックしました。眼鏡を選んでいるだけなのですが、主人と久しぶりにデートをしているような感覚におちいり、とても楽しかったのを覚えています。そこで購入した眼鏡は、今も主人と愛用しており、毎日のように使用しています。とても使いやすいです。

関連サイト

Copyright (C)2017眼科でメガネを作る時のポイント.All rights reserved.