眼科でメガネを作る時のポイント

眼鏡は眼鏡店で販売していますが眼科の検査を受けて目の異常がないことも確認することが必要です。

眼科でメガネを作る時のポイント

眼鏡は眼科で受診をして作りましょう

眼鏡というのは長い歴史があり、世界ではかなり昔から眼鏡の原型になるものを使ってものを見ていました。眼鏡というのはレンズが光を通す際の屈折率の変化を利用して目がものを見る屈折率を強制する道具です。近視と遠視ではレンズの形状が異なり、屈折率によって視力矯正の度の強弱を変えることができます。眼鏡は眼鏡店で販売されているので、眼鏡店に行けば眼鏡を作ることができます。しかし眼鏡を作る時には眼科に行く事が必要です。眼科というのは目の病気を診察する所ですが、眼鏡を作る際に検眼して処方箋を作ることができます。その際は処方箋を眼鏡店に持って行って眼鏡を作ります。

眼鏡店で眼鏡が作れるのならわざわざ眼科に行かなくても良いのではないか、と思う人がいるかもしれませんが、眼鏡を作るなら眼科の診察を受けることが必要なのは、ものが見えにくくなった原因が視力低下から来ているのではなく、目の病気から来ている可能性もあり得るからです。もし、視力低下と思い込んで眼鏡を作ることで解決させていたら、目の病気は診察されることなく見過ごされてしまい、病気が治らなかったり症状が悪化してしまうことにつながります。ですから眼鏡を作る際にはまず眼科を受診し、眼鏡を作ってからも定期的にどの変化がないか、目にトラブルがないかを眼科で検診してもらうことが目の健康のためにものぞましいと言えるのです。今使っている眼鏡の見え方がおかしいと感じる場合には放置しないで眼科に行くのがよいです。

関連サイト

Copyright (C)2017眼科でメガネを作る時のポイント.All rights reserved.