眼科でメガネを作る時のポイント

眼鏡をするようになったのは、小学生の頃です。それは再検査のために眼科での診察の結果で決まりました。

眼科でメガネを作る時のポイント

眼科の検査の結果眼鏡デビュー

私は、毎日ずっと眼鏡をして過ごしています。眼鏡をしていなくても多少は、ぼんやりとは見えます。でも、さすがに外は歩く際は危険なので、ずっとしています。私が眼鏡をするようになったのは、小学生の時です。学校の視力検査でマークが見えにくいと感じ、なかなか答える事が出来ませんでした。その結果、一年前よりも大きく視力が落ちていました。そして、先生に眼科でもう一度検査をするように言われて、眼科に行く事になりました。私は、それまで自分が検査を受けるために眼科に行った事がありませんでした。そのため、どのような検査をされるのだろうかと待合室にいる間、落ち着きませんでした。でも、いざ診察が始まると、目に光を当てたり、色や形を当てるゲームみたいな事をしたり、学校で行った視力検査をしたりとそんなに怖いものはありませんでした。きっと子供だったからなのかもしれません。

しかし、検査の結果は眼鏡が必要ということでした。その日に眼科で診断書を貰い、直ぐに眼鏡を買いに行きました。子供用の眼鏡は、本当に数も少なくてデザインもシンプルなものしかありませんでした。しかし、眼鏡がないと授業をまともに受けれないし、好きな本も読めないので数少ない中から選びました。そして、数日後には眼鏡での生活が始まりました。最初は、授業の時だけで良いかと思っていましたが、眼科医にあまり眼鏡をしたりしなかったりするのは、目に良くないと言われていたので、ずっとしている事にしました。最初は恥ずかしかったですけど、だんだんと慣れていきました。

そして、今でもコンタクトに変えることなく、ずっと眼鏡で生活をしています。また、眼科に一度検査に行こうと考えています。自分の目の状態をしておきたいですからね。

関連サイト

Copyright (C)2017眼科でメガネを作る時のポイント.All rights reserved.