眼科でメガネを作る時のポイント

眼鏡を作るとき、必ずしも眼科に行く必要はないようですが、視力以外の検査はしてもらえないようです。

眼科でメガネを作る時のポイント

眼鏡を作るときに眼科に行くことになるか

コンタクトレンズを購入するときにおいては、眼科の処方箋が必要になります。定期的に検診をして、その処方箋を利用することになります。では、眼鏡を作るときはどうかです。こちらに関しては、必ずしも処方箋が必要なわけではないようです。しかし、検査をしてもらって、処方箋をもらうことがあります。そしてこの通りに作ってもらってくださいと言われることがあります。メガネ屋さんに行ってその処方箋を見せたのですが、もう一度お店の方で測ってみることになりました。すると、処方箋とは少しずれているようです。メガネ屋さんの測定のもとで作ってもらったほうが見やすくなっているようです。このようなことがあるのでしょうか。難しいところです。

メガネ屋さんに関しては、処方箋がなくても作ってもらうことが出来ます。そちらで検査をしてもらって作ってくれます。ただしこちらにおいては目の病気についてはわかりません。検査の基準としては、視力が中心になります。その時の視力に合わせて、それにあうものを作ってもらえることになります。病気でなく、単なる視力の低下の場合なら良いのですが、病気が原因の場合はその後に視力の低下が急激に進むかもしれません。そうなると、せっかく作ったのに無駄になってしまうことがあります。そのことを考えると、先に病院で見てもらっておいたほうが良いと思われます。特に、初めて作るときなどは、自分の今の眼の状態を知っておいたほうが良いからです。

病院においては、視力以外のことを調べてもらうことが出来ます。病気があれば治療に移れます。その上で必要であれば、必要なものについての処方箋を書いてもらえます。もし病気がなければ、今の視力にあった処方箋になります。病気ではないのですから、視力に基づくもので良いのでしょう。メガネショップで視力を測ってもらって、そちらで作るのも良いことになります。年齢が高い場合は、目の病気の可能性もあるので、病院にいくほうが良いと思います。

Copyright (C)2016眼科でメガネを作る時のポイント.All rights reserved.